展覧会主旨

神戸アートビレッジセンター(KAVC)では、開館の1996年から10年間、若手芸術家育成企画
「神戸アートアニュアル」を開催してきた実績を元に、2007年より、そのセカンドステージとして「アートイニシアティヴ・プロジェクト『Exhibition as media(メディアとしての展覧会)』」を始動させました。
本展では、慣れ親しんだ「展覧会」のメディア性について再考し、企画立案から実施までのプロセスを重視しながら、アーティストとアートセンターが共同して新たな“展覧会のカタチ”を創造します。

今回の出品作家は、「神戸アートアニュアル」に参加した<木藤純子、国谷隆志、栗田咲子、
田中秀和、三宅砂織>の5名です。彼らは度重なるミーティングの中で「LOCUS(ローカス)」という言葉を紡ぎだしました。「LOCUS」とは場所やチカラの中心という意味をもち、とりわけ数学の世界では、軌跡(任意の条件を満たす点が集まってできる図形、或は集合)を意味します。確固とした表現の軸を持ちながらも、自由に動き回る任意の点である彼らは、一つの軌跡としての展覧会を紡ぎだします。どうぞお楽しみ下さい。

 

 

Copyright (C) 2008 Kobe Art Village Center.All right reserved design:スズキユタカ(studio029)