市田京美ワークショップ2015

ワークショップ情報

WS1027.JPG

市田京美+トーマス デュシャトレ ダンスワークショップ
~ピナを巡って2~
講師:市田京美+トーマス デュシャトレ

故ピナ・バウシュが率いたブッパタル舞踊団に、日本人初のダンサーとして20年にわたり参加した市田京美さんと、同じくピナのもとで活動し、市田さんの長年のパートナーでもある演出家のトーマス デュシャトレさんをお迎えし、ダンスワークショップを開催いたします。
ヴッパタル舞踊団が世界的に活躍を始めた時期にピナの創作に携わっていたお二人。
ピナから受け取ったエッセンスは、“踊る”というだけにとどまらず、身体のあり方や表現し創造するための考え方など、踊ること全体を支え活かすものです。
ピナがトレーニングに用いたクルト ヨースのテクニックやピナ振付の作品を通して、ピナから受け取った大切なものを日本のダンサーにお伝えしていくワークショップです。

ワークショップ募集概要

日時:5月9日(金)19:00~21:30
10日(土)18:00~21:00
11日(日)14:00~17:00
受講料:3日間8,000円(5/9のみ2,500円 5/10・11は各3,500円)
定員:各日25名程度


参加申込・問合せ:078-512-5500(KAVC)【自主】

申込方法
★4月9日(水)受付開始
E-mailにて、stage@kavc.or.jp宛に、
件名を「ダンスワークショップ参加」として、
参加希望日/お名前(フリガナ)/年齢/性別/ご住所/電話番号/ダンス経験(なるべく詳しく)
をお知らせください。
※個人情報の取扱については法令遵守の上、適切に管理し、本事業に関する連絡以外には使用いたしません。

【講師プロフィール】

市田京美(いちだ・きょうみ)

Kyomi.JPG
1973年に渡欧。81年、ピナ・バウシュ率いるヴッパタル舞踊団『春の祭典』にゲスト出演したことをきっかけに82年~98年まで同舞踊団に所属。『ネルケン』をはじめ多数の作品に出演。現在はフランスを拠点に「トーマス デュシャトレ カンパニー」でダンス指導やリハーサルディレクターを務め、日本でも全国各地でダンスワークショップを行っている。


【講師プロフィール】

Thomas Duchatelet(トーマス・デュシャトレ)

11463_1259532215035_1744317_n.jpg1988年よりピナ・バウシュ率いるヴッパタル舞踊団に参加し『パレルモ、パレルモ(Palermo. Palermo)』『マドリッド(Madrid)』をはじめ『春の祭典(the Rite of Spring)』『コンタクトホーフ(Kontaktoff)』『ヴィクトール(Viktor)』などの創作に携わる。
1995年、本国フランスのValenciennesに戻り、The Thomas Duchatelet Companyを設立。
2011年10月、神戸アートビレッジセンターで滞在制作作品『あした〔à demain〕』を上演。


お問い合わせ:神戸アートビレッジセンターTEL.078-512-5500 http://kavc.or.jp

イベント情報

チラシ折り込み情報

sign.png神戸アートビレッジセンターの次回折り込み情報をご確認頂けます。

アートプラットフォーム通信LinkIcon

メール登録はこちらから。LinkIcon

LinkIconあれこれコラム

アートビレッジボイスに掲載しているあれこれコラムをご覧いただけます。
kitamari.JPGVOL.31
きたまり

ダンスを始めてちょうど10年目になる。最初の3年辺りまではとにかく体を鍛えたり柔らかくすることに必死だったが…続き>>

チラシ、DM等を作成される方へ

Dl.pngKAVC周辺地図&ロゴデータをご用意しております、必要な方はリンク先よりダウンロードして下さい。

関連リンクLinkIcon

KAVCレンタル施設

4Fリハーサル室1・2B1Fスタジオ1〜33F会議室1・2