市田京美ワークショップ2014

ワークショップ情報

WS1027.JPG

市田京美+トーマス デュシャトレ
Danceワークショップ with Sound
ピナを巡って〜秋~
講師:市田京美 + トーマス デュシャトレ
with ジャンポール ブレディフ

故ピナ・バウシュが率いたブッパタル舞踊団に、日本人初のダンサーとして20年にわたり参加した市田京美さんと、同じくピナのもとで活動し、市田さんの長年のパートナーでもある演出家のトーマス デュシャトレさん、今回はその二人に音楽家のジャンポール ブレディフさんが加わり、“生”の音を使ってダンスワークショップを行ないます。
ジャンポールさんはカホンなどのパーカッションやピアノ、音の鳴るあらゆるものを楽器にして音楽を生み出します。
今回はギター等を使って、ワークショップを牽引します。
単なる伴奏ではなく、市田さんとトーマスさんがピナから受け取り積み上げてきたダンサーに伝えたいエッセンスを身体から引き出し落とし込む作業を助けてくれるでしょう。
ピナがトレーニングに用いたクルト ヨースのテクニックやピナ振付の作品に取り組みます。
ちょっと贅沢なワークショップ、体験してみて下さい。

最近の私とフランス事情 

初めて渡欧した時は5年後、その後3年に一度、娘が生まれてからは1年に一度、ここ2~3年は年に2度。
私の一時帰国の回数である。最近は、フランスよりも日本滞在日数が多くなって来ている。そんな中、先日音楽家のジャン・ポールが住むセントラル地方のBourgesへ仕事の打ち合わせの為、パリ経由で車で出掛けた。
久し振りのパリ。クレジットカードさえあれば手軽に借りられるVelib(ヴェリブ)というレンタサイクル。2007年7月からパリ市が運営を始め、街中のところどころにパーキングがあり、一度登録をすればどこからでも借りられ、どこへ返してもよいことになっている。また30分以内なら無料で、1日に何度でも借りることができる。それに加え、2011年12月から導入された小型電気自動車のレンタカー“Autolib’ (オートリブ) 。街角にある無人のステーションで、登録やレンタル、返却、すべての手順が可能なシステム。何と、世の中便利でエコの時代になったものだ。
リール・ブージュ間、パリ経由で私達の車中に乗り合わせた人は総勢10人。
リール・パリ間、偶然にも行き帰り同じフランス人の中年夫婦が乗り合わせた。
パリ・ブージュ間は、ヴァカンス中のこともあり、実家へ戻る学生たちを運んだ。
フランス人学生男女とイタリア人女性の白熱した哲学討論からあわや口論になるところを運転中の夫が仲裁に入ったり、助手席にいた私は、難しいフランス語を子守唄に寝入っていたのだが、不思議な 出会いに口元が綻んだ。

市田京美

ワークショップ募集概要

日時:10月24日(金) 19:00~21:30
    25日(土) 18:00~21:00
    26日(日) 18:00~21:00
参加費:3日間 10,000円
    (10/24のみ 3,000円 10/25・26は 各4,000円)
定員:各日 25名程度
会場:神戸アートビレッジセンター・リハーサル室2

参加申込・問合せ:078-512-5500(KAVC)【自主】

申込方法
申込方法:E-mailにて、stage@kavc.or.jp宛に、件名を「ダンスワークショップ参加」として、参加希望日/お名前 (フリガナ)/年齢/性別/ご住所/電話番号/ダンス経験 (なるべく詳しく)をお知らせください。
★ 8月24日(日)受付開始
※個人情報の取扱については法令遵守の上、適切に管理し、本事業に関する連絡以外には使用いたしません。

【講師プロフィール】

市田京美(いちだ・きょうみ)

Kyomi.JPG
1973年に渡欧。81年、ピナ・バウシュ率いるヴッパタル舞踊団『春の祭典』にゲスト出演したことをきっかけに82年~98年まで同舞踊団に所属。『ネルケン』をはじめ多数の作品に出演。現在はフランスを拠点に「トーマス デュシャトレ カンパニー」でダンス指導やリハーサルディレクターを務め、日本でも全国各地でダンスワークショップを行っている。


【講師プロフィール】

Thomas Duchatelet(トーマス・デュシャトレ)

11463_1259532215035_1744317_n.jpg1988年よりピナ・バウシュ率いるヴッパタル舞踊団に参加し『パレルモ、パレルモ(Palermo. Palermo)』『マドリッド(Madrid)』をはじめ『春の祭典(the Rite of Spring)』『コンタクトホーフ(Kontaktoff)』『ヴィクトール(Viktor)』などの創作に携わる。
1995年、本国フランスのValenciennesに戻り、The Thomas Duchatelet Companyを設立。2011年10月、神戸アートビレッジセンターで滞在制作作品『あした〔à demain〕』を上演。


【講師プロフィール】

Jean-Paul Bredif(ジャンポール・ブレディフ)

ヴァランシエンヌ芸術院でクラリネットを学び、特に1980年以降は、様々な芸術団体でのワークショップや音楽セミナー、芸術院や大学のトレーニングセンターなどで、パーカッションやギター、ピアノをはじめ音の鳴るあらゆるものを使ってダンスをガイドする活動を始める。また、トーマス・デュシャトレさんや市田京美さんの他、ヨーロッパの幅広い振付家やダンサーの作品に参加。フェスティバルやストリート、即興イベントでのパフォーマンス作品の創作・作曲活動や劇場舞台作品へのアドバイス、演出も手掛ける。


◉主催・会場・お問合せ◉
神戸アートビレッジセンター 指定管理者 大阪ガスビジネスクリエイト株式会社
TEL : 078-512-5500 http: //kavc.or.jp
神戸市兵庫区新開地5丁目3−14
神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分
JR「神戸駅」より徒歩約10分
神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約15分

イベント情報

チラシ折り込み情報

sign.png神戸アートビレッジセンターの次回折り込み情報をご確認頂けます。

アートプラットフォーム通信LinkIcon

メール登録はこちらから。LinkIcon

LinkIconあれこれコラム

アートビレッジボイスに掲載しているあれこれコラムをご覧いただけます。
kitamari.JPGVOL.31
きたまり

ダンスを始めてちょうど10年目になる。最初の3年辺りまではとにかく体を鍛えたり柔らかくすることに必死だったが…続き>>

チラシ、DM等を作成される方へ

Dl.pngKAVC周辺地図&ロゴデータをご用意しております、必要な方はリンク先よりダウンロードして下さい。

関連リンクLinkIcon

KAVCレンタル施設

4Fリハーサル室1・2B1Fスタジオ1〜33F会議室1・2